The Era of the Rising Sun

D&D Summary 6

D&D Summary 6
ざんはたけしをじめんになげました。たけしのあたまのよこにscytheのハンドールでなぐりました。それから、木にたけしをしばりました。二番目のテントに入りました。テントの中に二つのたからばこと小さいrugとベッドがありました。rugをひいて、うしろにあながありました。中にくまのわながありました。たからばこを開けることが出来ませんでした。山田さんはそとから「ざん、何が見えますか。」と聞きました。
ざんは「二つのたからばことベッドですけどたからばこを開けられません。」と言いました。
「来て下さい。」
ざんはたからばこを山田さんにとっていって。ウルフさんはたからばこを開けて、中にほねがありました。ざんは「山田さん、がいこつをしあいことが出来ますか。」と聞きました。
「いいえ、出来ません。ざんさん、たけしをおこして下さい。」と言いました。
ざんはたけしをおこしました。そして、そろそろ、たけしはおきました。山田さんは「たけし、あなたといっしょに北の町へ行きませんか。」と聞きました。きゅうに、がいこつは山田とざんとウルフをこうげきしました。山田さんはたけしにburning handsのじゅうもんをかけました。でも、なわがまやしたから、たけしはにげました。

Comments

EvanGRogers

I'm sorry, but we no longer support this web browser. Please upgrade your browser or install Chrome or Firefox to enjoy the full functionality of this site.